6. 引越し準備は人より一歩先を

引越し先の下調べ
配属先が決まるのは人それぞれだと思いますが、遠方に引っ越すの可能性があるのであれば、その土地のことも調べておくべきです。そして早い段階でやっておく方が格段に良いです。引越し業者の繁忙期は3月下旬~4月上旬。賃貸不動産もその前に忙しくなるハズ。2月以降は学生の引越しが増えます。「良いな」と思っていた物件でも、複数の賃貸業者がサイトなどで掲載・公開しているので、人気物件ほどいつの間にか埋まってしまっていたということが起こります。なので可能ならば秋に現地に内覧に行って引越し先の目処を立てておきましょう。

ネットと地元不動産を賢く使う
私の場合は名古屋への引越しが決まっていたのでどんな場所なのか、まずはネットで調べました。例えば名古屋の家探しについてまとめているサイト。引越しや不動産屋についても書かれていて便利でした。
「マカロニママのおうちさがし|愛知県・名古屋ってどんな都市?」
ある程度ネットで調べて、地元の賃貸不動産に何度か足を運びました。これはやはり余裕があるときに始めておくべきです。時間があればそれだけ比較してより良い物件を見つけることができます。私は初めての引越しだったので、3社くらい回りました。

卒業前の春休みを楽しむために
引越しには色々手続きが必要なので、ギリギリになって慌てないよう徐々に準備を進めていくのが望ましいです。実際、年が開けると卒業論文執筆のためかなり生活が慌ただしくなり、気がついたら春休み。友人は、卒業旅行など学生最後の春休みを謳歌する傍ら、引越し先探しにかなり奔走している様子でした。私はというと、年内に引越し先を決めていたので、ゆったりと春休みを満喫しました。
「引っ越し準備やることリスト手続き・荷造り・引っ越し後の流れ10ステップ」